中古車の査定方法は?査定の仕方を詳しく紹介!

査定方法について

1 買取会社について(ディーラー、買取専門、専門車種)

買取会社は、各車種の中古車販売価格を相場データとして持っており、そのデータを基に査定を行う訳ですが、会社によってその相場データが異なったり、中古車の需要と供給のバランスなどから査定価格に差が出ます。

一般にディーラー系の査定は、買取専門業者に比べて査定価格が安い場合が多いです。(一概にそうとは言い切れない場合もあります。車の乗り換えで下取りする場合は、新たに車を購入してもらえるから高値が付くといった場合もあります。)
また、輸入車やカスタム車は普通の買取業者では、あまり高値が付かないことが多く、その専門車種を扱った中古車販売会社で査定する方が良いです。(インターネット上でも専門車種を対象とした買取会社で査定可能です)

このように多数の買取会社があり、「どの業者に査定を依頼してよいか分からない」と普通の人なら思うでしょうが、現在では複数の買取会社を一括無料査定する会社がありますので、悩む必要はありません。

査定士の様子

2 査定のポイント(査定士の視点)

実際に見積もり査定を申し込むと、次に実車の確認に査定士が出張査定に来ます。
査定に来る前に、おおよその査定価格が提示されているはずですが、実車を査定士が確認することで、その査定価格が上下するのです。
査定士がどういったポイントで査定するかというと、
○ ボディの傷、凹み(経過年に対して美しいか、大きな傷がないか)
○ 車内のダメージ、臭い(シートやハンドルのへたり具合、車内の傷、タバコ臭など)
○ 事故車、修復車かどうか(車体のゆがみ、再塗装の跡など)
○ エンジンなど機関の状態(異音がないか、機器が正常に作動するかなど)
○ 装備品、オプションの有無、改造の有無、純正品は取ってあるかなど
○ 点検記録簿等の書類

などが主な査定項目となっています。
専用の査定シートがあって、それにチェックを付けていく方式で査定します。

したがって、実車の査定では、自分が出来る範囲で十分ですので、
ボディの洗車、車内の清掃
はしておいた方が、検査士の印象が良くなります。ボディは普通綺麗にして査定を受ける方が多いので、特に車内清掃は念入りに、シートやマットを綺麗にしておくことが好印象につながります。
ニオイがあるかどうかも査定のポイントです。

また、ボディに傷がある場合、修理して査定したら高値が付くと思いがちですが、修理費の方が高くつく場合が多いので、修復せずにそのまま査定を受けた方が賢明です。
ただ、コンパウンドで消える程度のひっかき傷は、事前に磨いてピカピカにしておく方が綺麗なクルマとの印象を与え、査定額UPにつながりますよ。

車検についても、もう切れそうだからといって、車検を受けるとその分のすべてが査定額に反映されることは、まずありません。(買取会社は自分の会社や提携業者で、低コストで車検に通せます。)

3 買取価格の交渉
まず、自分のクルマの良いところは、査定士さんに積極的にアピールしましょう。
たとえば、「新しいカーナビを付けている」「高価なアルミホイールをはいている」「オイルは定期的に交換していた」「定期点検をきちんと受けていた」などアピールすると良いです。

ただ、事故をしたり、事故に遭ったりして、修復歴車となった場合は、嘘を言わず、きちんとその旨を伝えましょう。
査定士はプロですので、すぐに事故車と見抜けます!
嘘を言ったら、査定士の心証が悪くなり、さらには嘘の申告がバレた場合、損害賠償の対象になりえます。

検査士が査定に来て、クルマのあちこちをチェックし、買取価格を示すことになります。
一括査定の場合、数社から査定してもらうので、即売却はやめます。

ただ、何度も査定士が足を運ぶのは、査定士にとってありがたいことではありませんので、「後日電話で回答します。」と返事をした方が良いでしょう。
そう返事をすることで、会社に戻った査定士は、上司等と買取価格について協議しますので、買取価格の上乗せがある場合も十分あります。

すべての会社からの査定が終わったら、そこで一番高値を付けた買取会社に決定することになります。

売買成立!

コメントを残す

サブコンテンツ

ズバリ!外車を売るなら、この2社だけでOKです!!


一括査定と言えば「楽天オート」!
大手買取会社のほとんどが参加!
さらに1,500円分の楽天ポイントがもれなくもらえる♪



外車の査定なら、「輸入車買取.com」!
全国出張査定ももちろん無料!
対応も丁寧で、素早いオススメの査定会社です♪

このページの先頭へ