中古車を売るタイミング・時期

 売却のタイミング(時期)

DVCsdfsfs
中古車が高く売れる時期として、春先(2~3月)の軽自動車(新入社員や新入学生)春~秋のオープンカー冬場の4WD車などが車を買いたい人の需要に応じて値段が上昇します。

しかし、高く売れる時期が春である場合、それまで売却を待つと、その間に走行距離が増えてしまったり、モデルチェンジが行われてしまう場合があり、売却価格が下がってしまいます。

車の査定価格は時が経てば経つほど、走行距離が増せば増すほど下がります。

「売ろう」と思った時期に早く売ることが高価買取の基本ですが、ちょっと待って、その車が高く売れる時期に売るといった方法も場合によっては良いと思います。

よって、「売ろう」と思ったら早く売る。
または、需要が増える時期がもう少しで来るならば、その時期まで少し待つ
といった方法が高価買取になるのです。

車の価格が安くなる時期は?

車を売るに際、年式が査定価格に大きな影響を与えます。
そのため、査定価格が一番安くなる時期は、11、12月(年末)です。

したがって、10月ころまでの車を売却する方が良い査定価格になるのです。

ただ、4WD車など雪道使用で人気が上がる車は、そのように下がらないようです。

また、8月ころも一般的に相場の動きが鈍るので安く査定されています。

※ モデルチェンジが行われると、旧型のモデルの査定価格がかなり下がります。

 マイナーチェンジでも数万円は下がる場合が多いので、フルモデルチェンジした場合は数十万(20~30万円)位は下がることが多いです。

したがって、モデルチェンジの情報を得た場合は、なるべく早く売却すべきです。

モデルチェンジの情報はこちら

※ 新車で購入した場合、3年、5年、7年と車検の前に売ろうと思う方が多いので、そのことで供給量が増えるため、査定価格が下がります。

車検は通してから売る? ボディの傷、凹みは修理してから売る?

車検は通さないで売る方が良い

車検を受けて売却すればプラス査定になりますが、その車検に掛かった費用ほどのプラス査定には、まずなりません。
したがって、車検がない、残り期間が少ない場合でも、車検は受けずにそのまま売却することがベストです。

車の傷、凹みは修理せず、そのまま売る方が良い

これも車検と同じで、修理に掛かった費用ほどのプラス査定にはならないのです。

ただ、小さな傷などのコンパウンドで消える程度のものならば、査定を受ける前に、洗車、コンパウンド掛け、ワックス掛けをして、車をピカピカの状態にしておく方が良いです。
車をピカピカにしておくことは、査定士さんから、「この車はきちんと手入れされているな。大事に乗ってきたのだろう。」と高評価を得ますので、査定額UPに繋がるのです!

コメントを残す

サブコンテンツ

ズバリ!外車を売るなら、この2社だけでOKです!!


一括査定と言えば「楽天オート」!
大手買取会社のほとんどが参加!
さらに1,500円分の楽天ポイントがもれなくもらえる♪



外車の査定なら、「輸入車買取.com」!
全国出張査定ももちろん無料!
対応も丁寧で、素早いオススメの査定会社です♪

このページの先頭へ