外車・輸入車と関税 | 高価な訳は?

実は、現在では、日本に輸入される車に関税は掛かっていません

約25年前に関税は撤廃されています。それ以前は車にも関税が掛かっていたのですが、他国との貿易摩擦が強まり、完全に撤廃された背景があります。

タンカーで外車を輸入

でも、外車って日本車に比べると高価ですよね~!

なんで高価なのか?(実は昔と比べると、だいぶ安くなっています)

日本車は世界的に見ると、安めの価格設定になっています。

また、外車メーカーのブランドイメージや現地でのディーラーコストや輸送費などが加わり高価になると言われています。

 

日本車を買わず外車を買うユーザーの多くがブランドイメージだったり、デザインだったり、ステータスシンボルであったりと、日本車にない魅力も求めて購入していると思います。

外車にも割と安価な車種も販売されていますが、日本には日本車があるので、高級車やデザインに優れた車種などが輸入され、そういった安価な車種は輸入されにくい現状があるのです。

また、そういった現状から、日本に輸入される外車は装備が沢山付いたフルオプションモデルのグレードのみの販売となるケースも多いのです。

 

このように、外車は日本車に比べて高価になる仕組みです。

 

また、外車の修理費や車検が高い理由も、部品の輸送コストがある分高くなりがちです。

しかし、以前のように、べらぼうに高価って感じではなくなりました。部品の流通ルートの確立やメーカー・ディーラーの経費削減の努力などにより、「日本車よりは高めだな」というレベルになっています。

コメントを残す

サブコンテンツ

ズバリ!外車を売るなら、この2社だけでOKです!!


一括査定と言えば「楽天オート」!
大手買取会社のほとんどが参加!
さらに1,500円分の楽天ポイントがもれなくもらえる♪



外車の査定なら、「輸入車買取.com」!
全国出張査定ももちろん無料!
対応も丁寧で、素早いオススメの査定会社です♪

このページの先頭へ