キタナイ自動車保険会社!!被害者への示談金の支払い方!

普段、車を運転し、もし交通事故を起こしてしまったときのためにあるのが、自動車保険(任意保険)ですよね。

安全運転に心がけていても、いつ加害者になるか分かりません。

そんな交通事故の時、もし加害者になってしまった場合に、被害者への治療費や慰謝料などの支払いを自分に代わって行う自動車保険。


 

saiban1sw

被害者への損害賠償は、一般に、示談で被害者や被害者の遺族などが保険会社と交渉し、決定される仕組みになっています。

いままでの支払い事例を元に行われるのが普通です。

示談金の提示額は保険会社によってその額に差が出ます。

例えば、死亡事故の場合、A社なら1億円、B社なら5,000万円といった感じで、会社によってかなり差が出ます。

加害者側がA社に加入していれば良いのですが、最近、自動車保険も低価格化を打ち出し、競争が激化しています。
自動車を運転する者としては、自動車保険が安いB社の方がメリットが大きいことになります。

しかし、B社のように低価格な保険に加入しているということは、B社は被害者への示談金も低額になる傾向が強いのです。


 

しかも、B社のように低価格を打ち出している一部の保険会社は、被害者等の示談交渉に応じないケースを良く聞きます。

「今回のケースでは5,000万円しか出せません。」という感じ、しかも「それなら、裁判してください。」という対応をしてくるのです。

ここにキタナイからくりがあるんです。
そこで、民事裁判となるのですが、普通の自動車保険なら1億円とした場合、B社のように5,000万なら、差額の5,000万円が支払われるかどうか、また、1億は認められなくても、示談金が上がるかどうかが裁判によって決まります

被害者側が勝訴するケースもありますが、ほとんどの裁判で希望とする示談額にはなりません。

また、裁判を行わず、仕方なく5,000万円で示談するケースも多いのです。

そうすると、本来A社のように1億円支払うものが、裁判費用や弁護士費用を含めても、数千万は支払わなくてよくなるんです!
B社としては、きちんと裁判に基づいて支払うので、何ら違法性は無いのですが、やり方がキタナイと思いませんか?


実はこういうケースが最近、増えているのです!

運転者にとって、自動車保険は安い方が良いのですが、自分や家族が被害者になる場合もありますから、ただ安い保険会社を選ぶという近年の傾向は良い流れではないな~と私は思っています。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ズバリ!外車を売るなら、この2社だけでOKです!!


一括査定と言えば「楽天オート」!
大手買取会社のほとんどが参加!
さらに1,500円分の楽天ポイントがもれなくもらえる♪



外車の査定なら、「輸入車買取.com」!
全国出張査定ももちろん無料!
対応も丁寧で、素早いオススメの査定会社です♪

このページの先頭へ